ト◯×

鉄道、音楽、日常、鬱、懐古

少しウトウトした状態で書いてます

今日は非常に気分が乗らなかった。

昨晩は風呂に入り、身体が温まって、ゆっくりした気持ちで寝れるぞー!!と24時にradikoジェットストリームをかけながら布団に入って、15分ほどで眠った。…はずだったが、目が覚めるとまだ午前1時。終電すら着いてないじゃねぇか。

結局そのまま8時まで眠れず、13時にゆっくり起き出して連絡返したり飲みのお誘いを送ったりしていたが頭が冴えないし寒かった。

f:id:Bassist_1993:20171019223748j:plain

10月のイメージとだいぶ違うぞ

 

あまりにも寒くて、どこか温泉に行こうと検索。高尾山口とか秩父とかえらい遠いところも考えたけど、多摩センターにあるスーパー銭湯にした。宮前平にもいい感じの場所があったけどね。

スーパー銭湯で身体が温まって帰宅したのはいいが、今度は久しぶりにどん底まで気分が沈んだ*1。個人的に「世界で一番病むアルバム」と決定しているColdplayのGhost Storiesを聴いていた。

Ghost Stories

Ghost Stories

週末の遠征の計画を立てて、同じ場所に行くけど前はもっと手探りだったな…としみじみしていたらこんな時間。

*1:第一志望だった会社が落ちたという連絡をもらったのが更に悪かった

続きを読む

90年代前半生まれにとっての私鉄特急のスターってこの辺り

タイトルが冗長になってしまう。

 

西鉄8000が引退ということで盛り上がっている。塗装戻したり、定期運用終了後に復帰させたり、最後の最後までファンサービスたっぷりですごいなーと感動している。結局乗りに行くことはなかったけど、2ドア転換クロスシート車って問答無用でかっこいいと思ってるから惜しいことをした。

 

幼少期に鉄道が好きだと、図鑑で覚える最新型が永遠にスター性を持つという持論がある。自分と同世代だと、新幹線は300系500系、特急は253系…みたいな具合。色々あるから挙げるとキリがない。当たり前だけど、バブル期の車両が多かった。

続きを読む

OBOG演奏会が終わった

f:id:Bassist_1993:20171002014705j:plain

長いこと関わってた第3回OBOG演奏会が終わった。

何というか、終わったという実感が全くなくてふわふわしている。

 

そもそも、演奏会をしたという実感がない。演奏会一週間から当日の開場直前まで

えげつないくらいトラブルが続発していた。食事と睡眠のバランスも崩れ、当日はリハすらきちんとこなせない始末。ぶっつけ本番の曲まであった。

演奏のクオリティは悪かっただろうけど、オケのテンション、完成度に適した演奏は辛うじて出来たかと思う。

4年前の第2回OBOG演奏会では、ソロが上手く弾けなかったのが非常に悔しくて、打ち上げで「次回はもっと頑張ります」と言った記憶がある。その頃よりはレベルが多少は上がったと信じているが果たしてどうだっただろうか。

 

万全の状態ではなかったのが悔しい。どうでもいいけど、演奏会前はトラブルが起こりやすいらしく、万全の状態で本番に臨めた記憶があまりない。けれど、高校時代に2回、OBOG会で1回、今のオケで1回、合計4回立ったAOIのステージは5回目の自分にも優しかった。

 

演奏会に出るときのスタンスは、「技術向上」「お客さんの期待を超える」のときもあれば、「自分達がなによりも楽しむ」のとき、または「寸分の狂いのないベース」とビジネスライクなとき、演奏会の数だけ色々ある。OBOG演奏会は、「憧れ」と「還元」で立っていた。

高校生の頃、指揮がかっこよくて憧れてた先輩、最前列で素晴らしい音を出す先輩、その人達が目の前にいる…これだけで十分だった。そして、実行委員長の先輩の熱意に突き動かされた。要領は最悪で手助けがほぼ出来なかったけれど、その熱意に触れたとき、何もしないわけにはいかないとなんとかアクションを起こそうという気になった。

還元という意味では、この4年間弾いてきて、様々な弾き方、音のつくり方に触れてきた。それらをうまく組み合わせて、今まで弾いてきた曲のグレードアップを図れたらいいかなと思ってやってみた。こっちはあまりうまくいかなかったかな。

 

本番の2週間前に様々な仕事が舞い込んできて、結構てんてこまいだった。幸い、大学の鉄研で散々やってきたようなジャンルだったこと、前職で得られた小技をフル動員して事なきを得たがなかなか大変だった。

本番当日は撮影のためにカメラをセットしたが、借りたカメラを落下させて破壊するという事件が起きた。けれど、もともと中古で買ったやつだったのとレンタル業者から借りた10万は超えるであろう4Kカメラでなかったことが幸いだった。

しかし、録音をお願いするときにメディアがつかえない(分かる人には分かるけど、機材が古いため近年の大容量メディアには対応していない)と言われたのには参ってしまい、思わずホールの人に因縁をつけてしまったのは反省している。

 

今回の演奏会では、10番目くらいの功労者だと勝手に思っている 笑(実行委員長、指揮者三人、各パートトップ6人)正直、俺と同じ…せめて大学でまだ楽器かベースを続けている子が居ればもっと気楽にできたかなと思わなくははい。あるいはめちゃ動画に詳しい子か。まぁこれはそのうち追々考えていかなきゃならないな。

 

第一部でのベースが俺しかいないステージはもうちょっと頑張りたかった。これが一番の心残り。

 

打ち上げに出ず、そのまま神奈川に帰ったことも心残り。話したいこと、相談したいことがたくさんあった。あんなに集まる機会もないので、本当に残念。

 

でも、OBOG演奏会がある限り、なんだかんだみんな集まってくれると思うので、きっと大丈夫だと信じている。

 

話がとっちらかってるけどこれでおわり。

皆さんお疲れ様でした!!

体力不足と旅行

北海道に行く予定だったが、キャンセルをした。

そもそもは春秋航空のセールにつられたことだったが、直前になってきて、まだ自分には北海道をグルグル回る気力と体力が残っていないと痛感したためだ。

f:id:Bassist_1993:20170919004702j:plain

数年前に行ったタウシュベツ橋梁。今年で崩壊の恐れがささやかれている。

順調に水量が増していったので、いい水鏡が見れるのではないか…と期待していただけに残念。心残りはなによりそれだろう。

f:id:Bassist_1993:20170919004749j:plain

キャンセル料もちょっと残念。ホテルを思ったほど確保していなかったのが幸いして、行きの航空券だけで済んだ。時期さえ考慮すれば、直前にホテルをとる方法も選択肢として悪くはないんだなと思った。

無理に全行程をこなす体力と費用(3~4泊ぐらいするはずだったかな?)を勘案すると、ここで引き返しておいて正解だったかもしれない。

いつかみたいに、旅先のゲストハウスで知り合いをたくさん作る、というようなことをしてみたい気持ちはあったけど、コミュ力が低下している今現在、それは自分にはしんどいかな…という思いもあった。

この体力低下とコミュ力低下は一時的なものではあると信じているけど、自分らしい動きや旅行が出来なくなるという点では大きな大きな足かせとなってしまっている。

f:id:Bassist_1993:20170919005334j:plain

でもいずれ、昔みたいにそんな旅行が出来るようになればいいなと思う。

別に懐古厨だっていい筈だけど

Apple MusicやJ-WAVEの番組で時おり新しい音楽を探す。

 

古い資料を漁って変な電車を探したり、新車のプレスリリースから運用方法と従来車の廃車予想をしたりする。

 

普段見ている小田急線を、どう撮ればカッコよくなるか、それっぽくなるか思案する。

 

 

音楽は11年、鉄道写真は14年くらいやっている。これで食べているわけではないのだから、新しいものを追う必要はない。

それでも追ってしまうのは、出戻ったときのためか。いや、そもそも離れてすらいない。

古いものにすがるのがダサいと思うからか。それはちょっとあるけど、興味の薄いジャンルでは俺もそんなもんだ。

 

「趣味から離れた自分がかっこいい」という風潮に逆らおうとしているのか。「趣味=子供」という式がこべりついているからか。

 

純粋な、知りたいという欲なのか。大先輩が働きながらも京都市電や京阪を追っていた姿がある意味でカッコよく見えたからか。

 

バンプの「ユグドラシル」を聴きながら感傷に浸っているだけでも、

P1が牽引する客レを撮って満足するだけでも、

十分に趣味として満足できると思うけど、なぜ自分の中で許されないのだろう。

なんでこう大事な日に限ってこうなるのかなぁ

昨日の夜、ドラゴンボールGTを「つまらねぇな」と思いながら眺めてて、喉が痛いことにふと気がつく。

「げ、風邪やん…」

すぐ寝た。

 

 

翌朝、6時半くらいに目が覚め。まだ喉が痛くて風邪薬を飲んだけど、そこで気がつく。

「これ二度寝したら副作用で寝坊するやん…」

約束は11時だけど寝坊が怖くて結局ずっと起きてる。

 

9時半頃の電車で新宿に出て、山手線でちゃちゃっと目的地に向かおうとして放送に気がつく。

「JR全部死んでるやん…」

 

咄嗟に迂回路を計算したものの最適解ではなかったので経路変更。

乗った千代田線の車両の違和感に気がつく。

「マト82やん…」

銀座線の車両では化粧板に気がつく

「1139Fやん…」

 

車両の運に他の全てが持ってかれた気分。結局遅刻。

 

ちなみに帰りは帰りでJRも小田急もグダグダでしたとさ。

ふて寝。

着席保証列車の考察

f:id:Bassist_1993:20170821214752j:plain

◾️増え続ける着席保証列車

近年、私鉄での座席定員制の列車が増え続けている。

 関東では、

TJライナー(東武)

・Sトレイン(西武、東京メトロ)

・さがみ、メトロさがみ(小田急東京メトロ)

スカイツリーライナー(東武)

関西では、

・泉北ライナー(南海、泉北高速)

・ライナー(京阪)

が挙げられる。

また、既存の列車のテコ入れとしては、

・モーニングウェイ、メトロモーニングウェイ(小田急東京メトロ)

・モーニングウイング(京急)

が挙げられる。

 

◾️記事内での名称について

上記で提示した各列車を「着席保証列車」と総称させていただく。

 

 ◾️付加価値としての着席保証

続きを読む